タイ古式マッサージ資格で学べる内容

タイ古式マッサージ資格で学べる内容

資格で学ぶタイ古式マッサージの背景

タイ古式マッサージ資格で学べる内容

 

 

タイ古式マッサージ資格では、
まずその成り立ちや歴史から学びます。

 

 

タイのマッサージは、仏教や伝統の健康法と
密接に関わって発展してきました。

 

 

その発祥は実に2,500年前とも言われており、
その根底に流れる精神や治療の概念を
理解することが必要です。

 

 

資格ではそういった
歴史や概念といった内容も問われ、
教養や文化的理解が求められます。

 

 

タイ古式マッサージでは、
「SEN(セン)」と呼ばれる体内の
“エネルギーライン”を中心に施術を施します。

 

 

タイ古式マッサージでは、宇宙は筋肉や骨、
歯、内臓を司り、水では血液やリンパ、
汗、尿、風では呼吸屋体内を通り抜ける風、
火は体温や老化を表していると
捉えられており、これらの流れや
調子を整えることがマッサージの目的です。

 

 

タイ古式マッサージの基礎

タイ古式マッサージでは、
指圧・マッサージ・ストレッチの部分に
分かれて施術を行うということも学習します。

 

 

指圧は、体の触診も兼ねて
全身の状態を調べ、凝った筋肉や
腱をほぐしていきます。

 

 

タイ古式マッサージにおける診察と
準備運動のような位置づけで、
被施術者の身体を温め
次の施術に備えさせます。

 

 

指圧は内臓系への刺激ともなり、
いわゆる“ツボ”を刺激することで、
循環器系や消化器系の臓器の働きを強めます。

 

 

マッサージでは、柔軟性を回復し
さらに身体を温めていく作業に入ります。

 

 

この際の施術にはゆがみやズレを
矯正するものもあり、
単なる心地よいマッサージだけでなく
身体を正常に機能させる
治療としての役割もあります。

 

 

ストレッチも同じように、
さらなる柔軟性や機能回復効果を狙い、
腱や筋肉を刺激して可動範囲を広げることで
健康的な状態へと高めていきます。

 

 

こういった施術の技術や全体の流れ、
必要となる医学的・人工学的知識も
学んでいきます。

 

 

資格では、施術に必要な
道具の使用法や食事の摂り方、
マッサージ以外のボディーケアや
ヒーリング技術なども学んでいきます。

 

 

体系的に学ぶ

より実践的な資格では、
タイ古式マッサージの店を開業する際に
必要な知識や注意点、
効果的な宣伝法やマーケティング、
集客率を向上させる知識などを問うものもあり、
資格によって含まれる範囲は様々です。

 

 

これだけの内容を
独学で学んでいくのは難しいでしょう。

 

 

もちろん不可能ではありませんが、
通信講座などを利用して
より体系的に学んでいく方が効率的です。

 

 

資格で問われる内容は幅広いため、
可能な限り試験対策をしなければなりません。

 

 

内容を吟味して講座などを選びましょう。