マッサージに関係する法的ルールを守ろう

マッサージに関係する法的ルールを守ろう

日本におけるマッサージに関する法規制

マッサージに関係する法的ルールを守ろう

 

 

厚生労働省が発表している、
国内におけるマッサージ治療の指針を
ご紹介しましょう。

 

 

その内容は、次のとおりです。

 

 

「医師以外の方が、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう及び柔道整復の施術所等において、あん摩、マッサージ若しくは指圧、はり又はきゅう及び柔道整復を業として行おうとする場合には、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(昭和22年法律第217号)において、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許又はきゅう師免許を、柔道整復師法(昭和45年法律第19号)においては、柔道整復師免許を受けなければならないと規定されており、無免許でこれらの行為を業として行ったものは、同法により処罰の対象になります」。

 

 

簡単に言えば、日本でマッサージを行うには、
それが許可された国家資格が必要であり、
国家資格なしに医療類似行為を
行ってはいけない、ということです。

 

 

意外にも狭き門に含まれるマッサージ

これに準じて、「マッサージ」や「○○治療」
といった言葉を使用するのにも、
国家資格を取得していなければなりません。

 

 

日本では法規制が強く、
マッサージに関しては
狭き門を通らなければならないのが現状です。

 

 

これには様々な意見があるのも事実です。

 

 

整体や柔道整復師などの有国家資格者は、
「国家資格を取得していないマッサージは
きちんと取り締まってほしい」
という意見を持っている場合が多いです。

 

 

タイ古式マッサージや
カイロプラクティックなどの
効果はあるが、日本では国家資格ではない
治療法の施術者からすると、
「実際に効果があるのはこちらの施術法であり、
効果が薄い日本式のマッサージでは意味がない」
ということになります。

 

 

これは幾分矛盾した状態で、
利用者から見ても今一つ違いや合法性が
はっきり見えないのが現状です。

 

 

難しい課題、しかし合法的な営業は可能

これには保険制度の難しさも関係しています。

 

 

保険制度を安易に適用してしまうと、
財源を確保しなければならず
医療費や国家の予算といった分野にまで
拡大してしまいます。

 

 

しかし保険が適用されなければ、
万が一施術の際の
事故や障害が発生してしまった場合に、
被施術者を保護する仕組みがないため、
法律で施術行為を取り締まらなければ
ならないのです。

 

 

実際にタイ古式マッサージなどが
合法的に運営できるようになるには、
幾つか難しい課題を克服しなければなりません。

 

 

それまでは、やはり法律に違反しない営業や
施術行為が求められます。

 

 

もし柔道整復師や鍼灸・あん摩師、指圧師などの
国家資格を取得する機会があるのであれば、
それを利用してタイ古式マッサージの
完全合法な営業が可能になります。