タイ古式整体士資格(JIA)

タイ古式整体士資格(JIA)

タイ古式整体士とは

タイ古式整体士資格(JIA)

 

 

タイ古式整体士は、
日本インストラクター技術協会(JIA)が
提供しているタイ古式マッサージの民間資格です。

 

 

タイには幾つもの民間療法が存在しており、
タイで普及しているマッサージに関する
様々な知識を有していることを証明する資格です。

 

 

タイ古式マッサージの歴史や仏教とのかかわり、
地元の伝統医学との融合などの知識も問われます。

 

 

加えて、ハーブボールやホットストーンを
使用したマッサージの技法や
オイルを使ったトリートメント、
さらには上級者向けの施術の注意点や
独立・開業する際のアドバイス、
マーケティングや接客方法なども含まれており、
非常に実践的な知識や技術が
問われる資格となっています。

 

 

資格取得後は、
タイ古式整体士
インストラクターとして施術に当たるほか、
有資格者として講師活動が可能です。

 

 

「セン」の理論

資格では、タイ古式マッサージの基本理論である
「セン」ついて深く学んでいきます。

 

 

センとは、身体の中を流れる
エネルギーラインを指します。

 

 

これは解剖学的に考えられているものではなく、
目に見えない東洋医学的な考え方に基づいています。

 

 

中国での伝統医学でも
「経路」と呼ばれる似たような概念がありますが、
その仕組みや理論は同じではありません。

 

 

あくまでもタイの伝統医学と
インドの民間療法が融合した概念がセンです。

 

 

センは、体内を流れる10本のラインと
網の目状にめぐる気道72000本のポイントを合わせて、
「2番目の皮膚」「2番目の身体」と呼ばれるほど
重要な構成物として考えられています。

 

 

この流れを刺激して整え、
身体を正常に戻していくのが
タイ古式マッサージの理論です。

 

 

タイ古式マッサージでは、
ハーブボールやホットストーンを
使用した施術も行います。

 

 

様々な技法に関する知識

さらに同資格では、道具を使用した
施術やその技法についての知識も学んでいきます。

 

 

ハーブボールとは、数種類のタイ原産ハーブを
布で包んだもので、蒸したり温めたりしてから
身体に当てていく施術に使用します。

 

 

温めることでハーブの香りが際立ち、
肌に直接当てることで浸透効果が期待できます。

 

 

ホットストーンは、主に玄武岩を加工して
適度な大きさにし、温めて身体の上に置く施術です。

 

 

溶岩からできた玄武岩は遠赤外線効果があり、
タイ古式マッサージの施術との
相乗効果で身体を芯から温めます。

 

 

タイ古式整体士は、
以上のような知識や技能を活用して施術を行い、
さらには有資格者として講師活動などに従事します。

 

 

タイ古式整体士