タイ古式マッサージ資格をマスターしよう

タイ古式マッサージ資格の概要

 

 

タイ古式マッサージは、
本場タイのバンコクやチェンマイで受けると
体が硬い人には少しきついものですが、
旅行の疲れや仕事の疲れは
1時間ほどの施術でスッキリ取れるものです。

 

 

施術後にはお茶、ハーブティーなどを飲んで
心を落ち着かせるような工夫もあります。

 

 

そんなタイ古式マッサージを身につけるには、
タイでは大学に通って身につける必要があり、
本格的な国家資格のようなものとして取得しますが、
日本ではタイ古式マッサージに関する
公的な資格はありません。

 

 

ここで取得できるタイ古式マッサージ資格は、
そういったタイ古式マッサージの
基本を習得して身につけるもので、
初心者向けに簡単な知識や施術を
身につけられるようになります。

 

 

タイ古式マッサージ資格では
タイ古式整体ボディセラピー
アドバイザー資格(JAAMP)と
タイ古式整体士資格
(JIA)がおすすめです。

 

 

この2つの資格があったからといって
公的資格の代りになる
わけではないですが、
基本を身につけられるので
簡易的な施術くらいは可能でしょう。

 

 

また、セルフ・タイ古式マッサージ
くらいはできるようになるので、
自己管理、自分の体調管理に関しては
より気軽にできるようになるはずです。

 

 

タイ古式マッサージの事情

 

 

タイ古式マッサージは
お店を開いて行う場合、
マッサージという名前を使っては
いけないことになっています。

 

 

利権がらみの問題でもありますが、
タイ古式マッサージの場合は
首をボキボキやるような
施術を行う場合があり、
公的資格のない者、
鍼灸師や整体のプロでない人物が
危険を伴う施術を行うのは
法律で禁止もされています。

 

 

全国的に首や腰に対する
施術をしたせいで大きな怪我をしたり、
死に至ったりする事例はあり、
ここで学ぶタイ古式マッサージは
あくまで基本だけとなります。

 

 

自分で、自分のために行う
タイ古式マッサージや危険を伴わず、
体調管理や姿勢矯正など
比較的シンプルなものに
限定されます。

 

 

これは法的に仕方がないもので、
もし本格的な施術をする
仕事に付きたいのであれば
専門学校に通ったり、
鍼灸師になるための
勉強をしたりする必要があります。

 

 

諒設計アーキテクトラーニングの
タイ古式マッサージ資格では、
タイ古式マッサージの基本を
身につけるまでのものだと
考えておくようにしましょう。

 

 

基本の知識やお店を開くときの注意、
運営手法や集客方法の
基本なども学べます。

 

 

これらの基礎知識を礎にして、
更に発展した学習、経験を積んでいって
はじめてタイ古式マッサージなどを
行えるお店、生涯学習講座などを
開くことができます。

 

 

お店を開く場合の注意点

 

 

お店を開く場合、
マッサージと記載できない場合があり、
はり師、きゅう師のような国家資格、
あん摩マッサージ指圧師のような
国家資格を持っていないと
看板にも掲示できないかもしれません。

 

 

そのため、お店の屋号、名前に
マッサージという言葉は使わない方が良いです。

 

 

例えば、タイ古式マッサージも
タイ古式と略した方が無難な場合もあります。

 

 

指圧の資格が無いのに、プランやコースに
指圧と記載してしまうのはいけないことで
ヨガやピラティスと合わせて
タイ古式マッサージに類似することをする場合も
大々的に記載できないというデメリットがあります。

 

 

これは、タイ古式マッサージ資格の欠点ではなく、
社会的な仕組み、法律の問題に伴うリスクで、
施術を行うお店を開く場合には
できることにかなり制限がついてしまいます。

 

 

そのため、タイ古式マッサージ資格を生かして
仕事をしたいとすれば、
ピラティスやヨガなどを合わせて
追加サービスのようなものとして
生涯学習講座や教室を開くのが良いでしょう。

 

 

教室という形にして、
少人数制のクラスにすることで
指導しながら施術に近いものもできるため、
個人対個人のプライベートルームのような感覚で
サービスを提供できます。

 

 

必要に応じてリフレクソロジーなどを
合わせるのも良いでしょう。

 

 

知識と技術を生かしていこう

 

 

タイ古式マッサージを学ぶ時、
その歴史や文化、施術の仕方が
異なる種類や呼吸法、
文化なども学ぶことになります。

 

 

タイ古式マッサージ資格では、
施術の内容を学ぶのも大切ですが、
基礎知識、考え方、
そもそもの文化を学んで
他人に伝えられるようにする
必要もあります。

 

 

施術のテクニックは、
とにかくたくさん施術を行って
経験を積むしかないですが、
直接タイ古式マッサージが
できる人に教わらないと
完全には技術を身につけられません。

 

 

プロに現場で
タイ古式マッサージを教えてもらう時に、
最低限の基礎知識として
タイ古式整体ボディセラピー
アドバイザー資格(JAAMP)や
タイ古式整体士資格
(JIA)を取得していると
アピールすることで
指導してもらえるように
なるかもしれません。

 

 

お店でアルバイトをしながら
タイ古式マッサージの
テクニックを習得したい場合にも
資格をすでに持っていれば
やる気を認めてもらえるかもしれません。

 

 

施術、知識以外にも接客や顧客対応なども
学ぶ必要があるため、資格をとって終わりではなく、
資格をとってからどこにどのように
生かしていくかが大切になります。

 

 

タイ古式マッサージの知識を生かして
仕事を見つけたり、プロに認めてもらい、
その後に施術を現場で習得するのが
無難な流れでしょう。

 

 

諒設計アーキテクトラーニング【タイ古式マッサージ資格】W資格取得講座

 

 

諒設計アーキテクトラーニングの
一番の特徴は資格を2つ同時に取得できることと、
支払い方法に分割払いが選べることです。

 

 

SARAスクールジャパンでも
同じような概要で講座を受けられますが、
SARAスクールジャパンでは
一括払いしか選べないので
まとまった金額を用意する必要があります。

 

 

その点、諒設計アーキテクトラーニング
の講座を選ぶことで、一括でなくても
分割で月々の負担は軽くつつ、
資格の学習に専念することも可能でしょう。

 

 

この講座の受講期間は6ヶ月なのに対し、
分割払いの支払回数は
22回から24回であるため、
理想は資格を取得したら
まとめて支払いを済ませてしまう
繰り上げ支払いをすると良いかもしれません。

 

 

また、資格を取得してから、この2つの
タイ古式整体ボディセラピー
アドバイザー資格(JAAMP)と
タイ古式整体士資格(JIA)を生かして
仕事で稼げるまでは
分割払いのまま続けていけるので、
収益が上がり、余裕が出たら一括繰り上げ
支払いに切り替えるという方法も選べます。

 

タイ古式整体セラピストW資格取得講座

 

 

SARAスクールジャパン【タイ古式マッサージ資格】基本コース・プラチナコース

 

 

タイ古式マッサージ資格を取得できる
もう一つの講座がSARAスクールジャパンです。

 

 

諒設計アーキテクトラーニングの
W資格取得講座と同じく、2つの資格を
取得できるようになっており、
59800円の基本コースと、79800円で
試験免除になるプラチナコースがあります。

 

 

支払い方法は一括払いなので
支払いは自身のクレジットカードを使用するか、
貯金してから受講すると良いでしょう。

 

 

最初は資料請求からはじめて、
しっかり思い通りの学習ができるのか、
確実に学びにつながるのかを
よく考えて疑問を解決してから
講座を受けましょう。

 

 

テキストのカラー印刷があるかどうか、
課題提出の難易度はどうか、
以外にもカリキュラムそのものは
充実しているかもチェックしましょう。

 

 

タイ古式マッサージは人の体に触れて
施術を行ったり、そういった施術を行う人を
生涯学習講座などを通して
指導していったりすることになるため、
しっかりと学習できないと危険です。

 

 

資格を取得した後にも
さらに内容を深めて学習するつもりで
資格講座を活用するようにしてください。

 

タイ古式マッサージ資格 基本コース・プラチナコース

 

 

タイ古式整体セラピスト資格(JAAMP)

 

 

JAAMPが主催している
タイ古式整体セラピスト資格は
セラピーも合わせて
タイ古式マッサージを行うスキルを身につけます。

 

 

セラピーは精神的な落ち着き、
気持ちのリフレッシュなども目的にするもので、
タイ古式マッサージをしながら、
患者の気持ちを汲み取って接客し、
リラックスしてもらい、
最終的に心の整理をつけられれば理想的です。

 

 

また、心の整理に関係する
アドバイスも出来るような内容も
学ぶため、タイ古式マッサージの考え方や理念、
文化をセラピーに生かすことになるでしょう。

 

 

タイ古式整体セラピスト

 

タイ古式整体士資格(JIA)

 

 

JIAが主催している
タイ古式整体士資格は、
タイ古式マッサージを生かして
回復=ヒーリングをすることを
目的にしています。

 

 

体の疲労や肩こり、腰痛などを
解消するようにリラックス、リフレッシュも行い、
体のこわばりを取り除ければ十分でしょう。

 

 

お客さんや自身で開催する
教室の生徒によっては
ヒーリング効果が出にくい場合もあるため、
個人に合わせて施術、
ヒーリング手法を工夫できるように
タイ古式マッサージ資格の学習を通して
コツを学ぶ必要もあります。

 

 

タイ古式整体士

 

 

【口コミ】自分や家族向けに学ぶのもあり

タイ古式マッサージは
他人に施術するとなると
色々面倒なこともありますが、
個人で行う分には特に制限はありません。

 

 

タイ旅行の時に受けた
タイ古式マッサージの気持ちよさを思い出しつつ、
自宅で自分でマッサージをすることで、
リフレッシュやリラックスも効率良くできるでしょう。

 

 

家族、子ども、パートナーの疲れを
少しでもタイ古式マッサージのスキルを
生かして癒やしてあげられれば
それだけでも十分です。

 

 

資格を取得していれば、家族も信頼して
マッサージを任せてくれるようになるでしょう。

 

 

本格的なマッサージ、リラックスをするためには、
体の関節や筋肉、呼吸法なども
身につけて伝えられるように
しておかなければいけません。

 

 

これを独学で学ぶのは大変で
挫折する可能性もありますが、
資格取得を通して習得すれば
きっと忘れることなく学べます。

 

 

スポーツをしている子どものマッサージ、
勉強、受験勉強でこわばった体を
ほぐしてあげるなど
子供に対しても出来ることは多くあります。

 

 

パートナーに対しても
仕事の後にマッサージをしてあげることで、
スキンシップも取れます。

 

 

また、体の疲れなどを把握することによって、
食事や休息のとり方などの参考にもなるでしょう。

 

 

私の家庭の場合は、夫の体と子どもの
肩こりをほぐすのにこの
タイ古式マッサージが役立っており、
もともと学んでいたヨガ、
ストレッチの知識も生かしています。

 

 

【口コミ】既に開いているお店でプラン追加できた

私は既にあん摩マッサージ指圧師の
国家資格を持っていて、
お店も持っているのですが
その資格だけではなかなか
お客さんが求めている施術と
私の提供しているプランが
マッチしていないように感じていました。

 

 

お客さんはピラティスやヨガ、
タイ古式マッサージ、美ヨガ、ホットヨガなど
流行にすぐに流されてしまって、
毎回似たような施術をしていても
すぐに飽きてお店から離れていってしまいます。

 

 

個人的には1年、2年という
長い期間その人の健康のために
役立ちたいという思いがあるため、
Instagramやテレビで人気が出そうなものは
早めに情報をキャッチして
習得するようにしています。

 

 

その中にタイ古式マッサージも
入っていたのですが、この
タイ古式マッサージを本格的に学ぶには
海外の専門学校に通わないといけないようで、
それほど何年も海外に滞在するほどのお金はなく、
学費の捻出も難しかったので、
諒設計アーキテクトラーニングの
タイ古式マッサージ資格を選びました。

 

 

ひとまずマッサージを
標榜することはできますが、
タイ古式マッサージを追加したことで、
実際にタイ旅行でタイ古式マッサージを
経験したお客さんも来てくれるようになり、
旅行にまた行きたくなったという
意見を伝えてくれる方も、
旅行している時に受けたのと同じ
マッサージで本場を思い出せたという
意見の方も出てきてくれました。

 

 

既にお店を開いている方は
きっと似たようなサービス内容、
コース、プラン作成で困っていると思うので、
こうした資格を追加で取得して
お店で提供を始めてみると良いでしょう。